出産にむけて、準備と気持ち

出産にむけて、準備

女性にとって、妊娠するということは人生の中で大きなイベントになります。

自分自身がこれからどんどんと体型が変化していき、そして、出産、育児と、これから生まれてくる赤ちゃんの事を考えると、うれしくもあり不安もあると思います。

そんな妊娠について、まとめていこうと思います。

妊娠発覚後、妊娠初期

妊活をしていて、待ちに待った妊娠だという場合には、すぐに妊娠したことが分かると思います。
ですが、そうではない場合、自分の体の変化を感じ、これはなんなんだろうという状況から、妊娠が発覚することがあります。

そして、妊娠が分かると、女性にとっては食事の制限や、体調の変化が発生し始めます。今までお酒やタバコが好きだった人は、妊娠が分かった段階ですぐにそれらを止めないといけません。

魚やレバーなども、食べ過ぎるといけないとされているものがあるので、それらを確認して、摂取しすぎないこと、また食べていたほうが良いものを積極的に食べるよう、今までは自分の食べたかったものを食べれていたのが、生まれてくる赤ちゃんへの栄養の事を考えて自分が食事することになります。

また、このころ、つわりも発生し始めます。食べられなかったり、食べていないと気持ち悪くなったりと、人によって症状はさまざまですが、ここがかなり辛いところだと思います。

妊娠中期は比較的安定して動ける

少しずつお腹は大きくなり始めますが、一番このころがつわりもマシになり、動きやすい時期になると思います。

妊娠後期になると、お腹はどんどんと大きくなりますので、このころに、自分のマタニティーウエアを見てみたり、赤ちゃんに必要なものをまだ購入までは早いですが、調べていくということしておくと良いと思います。

妊娠後期になると、急激なお腹の成長

妊娠後期にもなると、このころにお腹の赤ちゃんがぐんと大きくなります。

そこで、妊娠線も出てきてしまう人がいると思います。しっかりとクリームを塗ったりして対策をしておくことが大切です。

また、急にお腹が大きくなることで、体も重たくなりまた、むくみも発生してきたりして、自分の体がとても動かしにくい状況になります。
生まれてくる赤ちゃんが楽しみなのに、自分自身の体調の不調で、マタニティーブルーになることもあると思います。

初めての出産であれば、ますます、慣れない状況で戸惑うと思います。
1人で抱え込まずに、周りの人に相談をしてみたり、自分の気持ちを伝えるのが大切なことです。

まとめ

妊娠というのは、自分自身と共に毎日お腹が大きくなり、成長していく赤ちゃんの様子を見ていけるすばらしいことではありますが、その分、今まで自由に動けていたのに制限がかかることがストレスになることもあります。

ですが、お腹が大きくなっていけば、後はもう無事に生まれてきてくれることを願うばかりなので、無理をしない範囲で出来ることを楽しむという余裕が必要だと思います。

子育てを楽しむコツって?

育児は毎日大変なことやうまく行かないことが多いものです。時にはストレスが溜まってしまうこともあるでしょう。

ママさんたちが少しでも育児を楽しいと思えるようなコツについて紹介していこうと思います。

他人と比較しない

我が子をついつい他人の子供と比較してしまうことってありませんか?
よく友達親子と集まったり、児童館などの親子連れが多い場所へ行くと、他の子の方が、ママの言うことをちゃんと聞いているとか、話を聞くとうちよりも離乳食が進んでいる。言葉を話したり、歩き始めるのが我が子よりも早いと感じた経験もあるでしょう。

そういった場面でついつい我が子と比較してしまって、成長や性格について心配してしまうこともあるとは思いますが、心配しすぎると、不安になったりストレスが溜まったりする原因にもなります。

また、我が子にきつく当たってしまうこともあるでしょう。それでは子供が可愛そうですよね。成長のペースは子供それぞれです。
早いからといってそれがいいとは限らないので、焦らずにゆっくりと子供の成長を見守る姿勢が大切になってきます。

そうすれば、ママもこうしなければならないと言う義務感や責任感から解放されて、リラックスして育児を行うことができるでしょう。

怒ってしまったあとはすぐに笑顔を子供に返そう

子供は大人が起こるとびっくりしてしまいます。そしてよく分からずに泣いてしまうこともあるでしょう。怒られたと言う記憶だけが残って、夜泣きの原因になることもあります。
怒ることは時には大切なことです。ただ、怒った後は、必ず笑顔を子供に返してあげるようにしましょう。

そうすることで、怒って自分が突き離されたと言うよりも愛されたと言う風に子供は受け止めてくれるでしょう。ママも笑顔になることで、嬉しい気持ち、幸せな気持ちになることができます。

子供のいいところを褒めよう

我が子のできていない所、不満に思っている所、直してほしい所ばかりについつい目が行ってしまいますよね。

でもそれでは子育ては楽しくやってはいけません。我が子にもたくさん良い所はあるはずです。良い所をよく褒めてあげると子供も喜ぶでしょう。また、ママの心にもゆとりが生まれてくるでしょう。

ママが前向きで楽しい気持ちでいることが大事

子育てに正解はありません。こうしなければならないと言うこともありません。
親としてしっかりとしつけたり教えたりしなければいけないこともありますが、そこに囚われすぎてしまうと育児も楽しくなくなってしまいます。

子供の日々の成長を共に喜び分かち合いながら、大変な毎日の中でも子供のいい所に目を向け、たくさん褒めてあげていつもママが前向きな気持ちでいることが大切なのかもしれませんね。

旦那さんを大変身させるなら▼
家庭用脱毛器 メンズ